子どもの遊び

けん玉にはまる。小さな才能の種は子ども時代の遊びの中から生まれます。

投稿日:2020年2月26日 更新日:

けん玉

小3の上の子が、急にけん玉にはまりました。

家には、前からずっと、けん玉はあったんですけど、今まではあまり興味を持ったことはありませんでした。

今回、はまったきっかけは、いつも行く1000円カットです。

髪の毛をカットしてもらうと、子どもはおもちゃをもらえるんですけど、上の子が「けん玉がいい」って言ったんです。

プラスティックのけん玉だったので、「家に、ちゃんとした、木のけん玉あるよ」って教えてあげました。

家に帰ったら、早速けん玉を探してきて、すぐに練習を始めてました。

目指すのは「もしかめ」です!

もしかめは「もしもしかめよ かめさんよ♪」の歌に合わせて、玉を大皿と中皿(持ち手の棒のところの皿)に、トントントントン…ってリズミカルに移動させる技です。

歌に合わせるまではいかないけど、1000円カットから帰ってきた、金曜日の夕方から練習を始めて、日曜日の午前中には、27回連続でできるようになってました。

子どもは大人よりも、ほんと上達が早くて驚きます!

27回ノーミスでできるって、もう立派な「けん玉できる人」ですよ。

保育所でも、年長クラスの担任の時、けん玉に、ハマる子はとことんハマって、あっという間に「もしかめ」もできるようになってました。

みんながみんな、はまるわけじゃないので、どっぷりとはまる子は、クラスの一部分の子たちです。

特にけん玉は他の伝承遊びよりも、ちょっと難しいので、うまくできずにやめちゃう子が多いんですよね。

それに対して、コマはけん玉より簡単なので、3歳くらいの子もできたりします。

だから、コマははまる子が多いです。

けん玉でもそれ以外のことでも、たまたま、その時その子にヒットすれば、子どもははまります。

そうなると、もう暇さえあれば、自分から練習するようになります。

うちの子も、たこあげしに、公園に行ったのに、ひろーい公園のど真ん中で、けん玉してましたよ。笑

その公園で、27回連続ノーミスを達成しました。

公園の自然の中で、アルファー波出て、集中できたのか?笑

子どもにとって、興味を持ったことが、そのときに1番成長し、伸びることです。

そして、そのタイミングがいつ来るかは、分かりません。

前は全然興味を持たなかったことも、時期が違えば、思いがけずはまることだってあります。

周りの大人は、それに夢中になれる環境を、整えてあげたいですね。

小さい頃に身につけたことは、何歳になっても忘れないですよね。

保育所の保育参観日にも、お父さんたちが、遊んでる時に、コマとかけん玉とかを、何気なく披露して「すげー!!」って、子どもたちに尊敬の眼差しで見られてました。

コマとか、しゃがんだままの姿勢で、シュッとできちゃったりすると、もう「〇〇ちゃんのパパ、すげー!!」ですよ。笑

私もこの前テレビで、百人一首が得意な子が出てて、上の句を聞くと、私も下の句を、何個も普通に覚えてました!

私が通っていた小学校は、百人一首大会があったのでね。

パパも「ママやるね〜!」って言ってました^ ^

小さい頃はなんでも経験して、何でもハマってとことん夢中になればいいんです。

大人になって親になった時、子どもはその姿を見て、自分もやってみよう!って思います。

そうやって遊びは受け継がれていくんですよね。

そして、いろんなものを味わい尽くして、いろんなことを小さい頃に身につけた方が、その子の生きて行く世界は、断然面白くなると思います!

私は泳げないまま、大人になってしまったので…

心からそう思いますよ。笑

親としては、好きなことを見つけられるような環境を、作ってあげることですね。

それは必ずしも、習い事をさせなくちゃいけないとか、そういうことではないです。

子どもはいつ、何に興味を持つか分かりません。

うちの子だって、急にけん玉をやりだしたし。

彼にとっては、今がタイミングだったんですよね。

だから習い事でお金をかけるということじゃなくても、その子が今までにしたことのない経験を、何でもやってみるチャンスを、たくさん与えてあげるといいですね。

その意識を、ママが持っているだけで、違います。

その中で、子どもは自分で、面白そうなこと、心引かれることを見つけ出します。

何がその子の、その後の人生につながっているか、分かりませんよ^^

そしたらあとは、それを思い切りできる時間や場所を確保してあげるだけです。

決して、あーだこーだ、大人が口うるさく言わないことですね。

この前、公園でたこあげしてるときに、よその家族のおじいさんが、孫に厳しくてかわいそうだった…。

「な~にやってんの!違う!こうやるんだ!貸せ!」とか、口調がもう、子どもは怒られながらやってる感じでした。

その後、うまくできるようになると、そのおじいさんも誉めてあげてはいたんですけどね。

もっと優しく教えてあげればいいのに~。

小さな才能の種は、子ども時代の遊びの中から生まれます。

周りの大人は、余計なことは言わず、温かく見守ってあげましょう。

そして、たとえ子どもが、こちらが与えたものに興味を持たなくても、途中ですぐに飽きちゃっても、それはそれでOKです。

自分の人生に必要なものは、ちゃんと子ども自身が分かりますから^^

うちのお兄ちゃんは、けん玉どこまで上手になるかなぁ♪

★はじめましての方へ★

世の中にたくさんある情報の中から、私のブログを見つけていただきありがとうございました*^^*

保育士ママdeセラピストの、私のプロフィール(想い)はこちらからどうぞ♡

ちょっと熱いので、温度差にご注意ください。笑

子育てサロンきらきらご提供メニューはこちらから →  ご提供メニュー♡

-子どもの遊び
-,

執筆者:

関連記事

おはじき

おはじきっていつの時代も子どもは楽しいですよね

★はじめましての方へ★ 世の中にたくさんある情報の中から、私のブログを見つけていただきありがとうございます*^^* 保育士ママdeセラピストの、私のプロフィール(想い)はこちらからどうぞ♡ ちょっと熱 …

自己紹介

 はやさか れいこ
(salon name:れっきー)
保育士ママde心理セラピスト

・お悩み相談、個別セッション(対面・オンライン・LINEやメール・電話相談)
・スマホで学べるブログ上の子育てサロンきらきら
・助産師・保育士・喜劇女優のいる「ピヨピヨサロン」(リアル開催)
・ピヨピヨサロンから生まれた、女性や子育てママのための「ピヨピヨ楽校」ピヨレンジャー
・保育士(公立保育所・公務員経験19年)
・心理学やスピリチュアルの分野も得意

☆YouTube音声配信
保育士ママ心理セラピスト「真実子の部屋」
子育てや心理学、スピリチュアルについてなどこちらから

☆stand.fm音声配信
あなたの中の真実を見つける「真実子の部屋」
日月神示や世界の裏の仕組みについてなどこちらから

【各種ブログ】

★「わがやの子育てブック」
結構深い!子育て専門ブログこちらから

★「食材ぴかぴか家族」
食や日用品の選び方こちらから

★「人生みなハッピー」
お悩み解決・情報いろいろこちらから

★「保育士が心理学とスピリチュアルで夢を叶える人生物語」
人生を例に心理学やスピリチュアルの考え方についてお伝えするブログはこちらから

★「ピヨピヨ楽校」のアメブロ
ピヨレンジャーの情報満載こちらから

☆「ピヨピヨサロン」「ピヨピヨ楽校」のInstagramもやってます。検索してね!

子育て・心理学・スピリチュアルなどの役立つ情報、ピヨピヨサロンの開催情報などを発信しています。
登録(無料)や解除は、お気軽にどうぞ♪

お絵描き動画で自己紹介