子育てサロンきらきら

【保育士×スピリチュアル×心理学】保育士ママdeセラピスト/ ママがありのままの自分や、子どもの個性を認め、幸せに生きるためのヒント☆宮城県仙台市や塩釜市を中心に開催☆スマホを見ている時間だけが唯一の息抜き… そんな育児を頑張るママへお届けするスマホで学べる子育てサロン

子どもの環境

私たちの世代が生まれてきた目的とは

投稿日:2020年2月19日 更新日:

青空に舞う天使の羽

いつものように、家事をしながら、スピリチュアル系のYouTubeを聞いていました。

スピードラーニングは聞き流せないくせに、スピリチュアルなYouTubeは、ずっと聞いていられる!笑

(スピードラーニングの話、いやいや、我が家で効果があった、子どもの英語教材のお話は、こちらからどうぞ~^^)

話を戻しまして、そのYouTubeの中で、その年代ごとに生まれてきた魂の目的が違う、というお話がありました。

私たち世代とか、私たちの親の世代とか、私たちの子どもの世代とか、それぞれ年代によっても特徴がありますよね。

よくそういう話のときには、インディゴチルドレンとか、クリスタルチルドレンとか、レインボーチルドレンとかいう言い方をしたりします。

年代によって、大まかに生まれてきた魂の役割があって、その役割ごとに名前をつけているんですよね。

そういう話は、私も今までいろいろ聞いてきたけど、今現在の私の感覚で、それについて改めて考えてみました。

「私たちの世代が生まれてきた魂の役割、目的はなんだろう?」

そう考えた時に、やっぱりたどり着くのはこれです。

「今の子どもたちが、健やかに育つ環境を整えること」

これだろうなぁと思っています。

あくまでも私が思うことですけど、それって、どういう意味か、次から1つずつお話ししていきますね。

私たち世代と今の子どもたちとの違いは?

まず、ここでいう「私たち世代」って、子育てをしている真っ最中の、私たちの世代だと思ってください。

だから、子育てしている人って、20代の人もいるだろうし、30代、40代の人もいると思います。

ざっくり分けて、子どもの子育てしている人たちです。

その人たちが担っている、大きな役割は、子どもたち1人1人の個性を尊重して、のびのびとその子らしく生きられる環境を作ることです。

「それって、親なら当たり前じゃない?」って、思いましたよね?

思った人いるでしょー!

そうです。当たり前のことです。

だけど、その意味合いや重要性が、今の時代においては全く違うんですよ!

ここからは、スピリチュアルな話が苦手な方は、読むのNGで!笑

(というか、ここまでもスピリチュアルな話、結構してるけど…)

今って、地球という星自体の波動が、ぐんぐん上がっていると言われています。

その上がりっぷりは、地球では、今までにないくらいの勢いです。

地球が今までの3次元の星から、5次元へ、次元を上げようとしているんです。

それを次元上昇とか、アセンションといいます。

次元上昇して、新しい地球をつくっていくためには、今までの既存のシステムとか、人間が持つ概念を壊すことが必要なんですよね。

破壊と再生の神様とかいますけど、新しいものを生み出すためには、まず古いものを壊して、それから新しいものをつくっていく必要があります。

それが今地球上で、個人レベルでも、社会レベルでも、いろいろなレベルで起こっています。

その地球のアセンションを手助けするために、新しいニュータイプの子どもたちが、どんどん生まれてきています。

だって、今までと同じような人間ばかり生まれても、全く違う5次元の地球を作っていくのは、難しいですからね。

人間のニューモデル!進化形!

今の子どもたちは、今までの人間とは、遺伝子レベルで違う子どもたちも生まれてきていると言われています。

そして、多くの子どもたちが、自分が一体なんのために生まれてきたのか、魂の多くの記憶を持ったまま、生まれてきています。

私たち大人が、「自分は一体なんのために生まれてきたんだろう…」「私は本当は何がしたいの?」なーんて、悩んでる場合じゃないですよ!

多くの子どもたちは、全てを感覚で分かったまま、生まれてきています。

小さい子どもたちの方が、物事の本質「愛とはなんなのか」を、言語化はできなくても、感覚でちゃーんと分かっているかもしれませんね。

あなたのお子さんも「うちの子はなんで、こうなのー!?」「どう育てていったらいいか、全然分からないー!」「ほんと宇宙人!」っていうことはないですか?

それは、私たちとは(私はバリバリの昭和世代ですけど…)全く違う感覚を持った、子どもたちだからです。

地球の次元上昇を助け、新しい地球を作っていくために生まれてきた、そんな魂の目的を持った子どもたちなのです。

登校拒否する子どもたち

今、学校の不登校が、とても増えていると言われていますよね。

私の身近な人でも、何人かお子さんが不登校という方がいます。

それも、もはや今までの既存の教育システムが、全く今の子どもたちに合っていないということの現れだと思います。

それは、私が保育士として、保育所に勤務しているときにも、実感していました。

この、ずば抜けて能力の高い、個性豊かな子どもたちを、今までやってきた既存のシステムの型にはめるのは、到底無理だと。

無理だし、それは決してやってはいけないことだと思っていました。

そこに視点が向いている教育関係の皆さんは、だぶん「自分ができる範囲の中で、いかにこの目の前の子どもたちにとって、最善の環境をつくってあげられるだろう?」そこに悩み、苦しんでいると思います。

まだまだ学校も、既存のシステムだらけですからね。

破壊と再生、まずは古い今のエネルギーに合っていないものを、壊さないといけません。

だから私たちの役割は環境を整えること

それで最初の「今の子どもたちが、健やかに育つ環境を整えること」が、私たち親の世代の、重要な役割である、という話につながっていくんです。

今までの時代の、「親なんだから、子どもの環境を整えるのは当たり前でしょ?」のレベルではないということです。

私たちとは、感覚、考え方、エネルギーの使い方、そして遺伝子レベルで肉体の構造も違う子どもたちを、どう育てていくのか。

それって、私たちとは違うから、理解を超えますよね。

だって、大人が「私はなんの目的で今世、生まれてきたの?」なんて悩んでいる間に、子どもたちはそれを既に、十分に知っている状態で生まれてきてますから。

大人が、自分の方が長く生きているからって、偉そうに「これはこうで、これはこうするんだよ」なんて、子どもに教えたとします。

でも子どもたちの感覚としては「えっ?まだそんなことやってるの?もっとこうした方が簡単だし、みんなが幸せになれるよ^^」ってことを、知ってる感じです。

(もちろん、今の社会に本当に必要なルールなどは、親として教えてあげる必要はあります)

じゃあ、私たちは一体子どもたちのために、何ができるのでしょうか?

それは、簡単です!

私たちができること

私たちができることは、次のことだと思っています。

子どもたちが、今世で地球の次元上昇を手伝い、新しい地球をつくっていくために、必要で自分で設定し、持ってきた個性を、つぶさないこと。

そして子どもたちがやりたいこと、やろうとしていることの、邪魔をしないこと。

 

たった、これだけです。

でもこれが本当は難しい!

だって、私たちは無意識に、古い価値観や固定観念で、子どもたちを見て判断するから。

そして周りの人の目や、古いシステム、ルール、決まり、習慣が、たくみに邪魔をするからです。

頭で分かっているのと、実際の子育ての中で、自分ができるのとは大違いです。

だけど、ざっくり理解して…

・この子の個性を絶対につぶさない!認めて尊重して、伸ばしていく!

・この子が興味を持ってやりたいことは、なるべくやらせてあげる!そのときにも、うるさく口をはさまない!のびのびと自由にやらせてあげる!

 

そう思って、そのための環境をつくってあげられるように、意識して心がけているだけでも、全然違います。

うちの下の子は常に1.5倍

ちなみに、うちの下の子は、小学一年生なんですけど、見てると「私とは人種が違うな~」ってよく思います。

小3の上の子は、私たち夫婦と同じ、昭和の香りがちょっとしますけどね。笑

下の子は、興味を持ったことへの、瞬発力がすごいです。

「面白そう!」って思ったら、パッと行動に移して、ウワッと思いっきり楽しんで、ハイ終了!みたいな。

そして、楽しむとか味わうの感覚の感度が、私より常に1.5倍増しくらい。

ジュース飲んでても「あー!ウマイ!あー、めっちゃうまい!あー、最高!」とか。

えっ?そんなに?笑

と思うくらい。

私より、常に1.5倍、人生を楽しんでるなぁと、見てて思います。(この差はデカイな)

そして、手に入れたいと思う物や、やってみたいと思うことに対しては、貪欲だしね。

だからよく、下の子が楽しんだ後のキッチンとか、部屋の惨状に「今日もやってくれましたなぁ」と思いますよ。

めちゃくちゃ自分の頭使って考えて、手を動かして工夫して、楽しんでますからね、彼は。

でも、私としては、彼が思いっきりやりたいことを楽しんで経験して、満足そうな顔してるのを見て、母も満足^^って感じです。

個性をつぶさずに伸ばせる、やりたいことを思いっ切り自由に、のびのびとできる環境を、私たち親の世代が、いかにつくれるか。

それは家庭の中だけじゃなくて、教育システムや社会システムも含めてですね。

それが、私たちの世代の、魂レベルで担っている、重要な役割なんじゃないかなと思っています。

全ての子どもたちが、心身共に、健やかに育っていきますように★

★はじめましての方へ★

世の中にたくさんある情報の中から、私のブログを見つけていただきありがとうございました*^^*

保育士ママdeセラピストの、私のプロフィール(想い)はこちらからどうぞ♡

ちょっと熱いので、温度差にご注意ください。笑

子育てサロンきらきらご提供メニューはこちらから →  ご提供メニュー♡

-子どもの環境
-,

執筆者:

関連記事

ジャンプする子ども

宮崎駿さんが伝える「子どもたちが生き生きするために」

★はじめましての方へ★ 世の中にたくさんある情報の中から、私のブログを見つけていただきありがとうございます*^^* 保育士ママdeセラピストの、私のプロフィール(想い)はこちらからどうぞ♡ ちょっと熱 …

地底の森ミュージアム

ママ!なんか旅してるみたいだね!

うちの子どもたちと、休みの日に3人でお出かけしました。 パパはお仕事だったので、私と子どもたちだけのお出かけです。 小学校から、入学式の日に「どこでもパスポート」っていうのをもらってます。 このどこで …

はじめまして!わたくし、こういう者です(*^-^*)

顔写真 はやさか れいこ

・保育士(公立保育所経験19年)
・ビリーフチェンジセラピー
・胎内記憶教育基礎講座受講
・現代レイキヒーリング
・中国伝統風水、択日
・シンクロニシティカード
・二人の小学生の子育て中です!

食や日用品の選び方のブログはこちら
https://pure-life0181.com

我が家の子連れお出かけレポートはこちら
https://anohinojibunniosusume.com

お悩み解決・情報ブログはこちら
https://jinseiminahappy.com

自己紹介をお絵描き動画でご覧ください♪

LINE@でも不定期で、子育てに役立つ情報や開催情報などを発信しています。
登録(無料)や解除は、お気軽にどうぞ♪
↓こちらをクリック

ピヨピヨサロン

InstagramとTwitterは「ピヨピヨサロン」で検索!

みらいteむすびプロジェクト

親子セラピスト長南華香先生のプロジェクトに、参加させていただきました。

「お話し会&みらいteむすび」は2020年3月2日3日の広島イベントをもちまして、終了とさせていただきます。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

プロジェクト詳細についてはこちらからご確認ください。

2020年1月11日(土)に豪華2本立てで、

映画の自主上映会を開催しました!

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

上映会の様子についてはこちらからどうぞ